FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
BDSM空間でさまよう私。
Real Life でできないことはSecond Lifeで、というのがSecond Lifeですればいい。

 確かにそう言えるほど、Second Lifeの中にはいろんなPlaceがあり、常時5万人くらいの人々がLoginしている訳だから、ヤリタイコトを実現するには十分なのかもしれない。

 長いこと女性アバターでSL世界をさまよってきた私。

 Realで女装しても、M女性として通用するほどの美しさをまとうことはできず、SLの中でなんとか綺麗なアバターを見つけて、確かに女性っぽい振る舞いをしていれば、周囲からはM女性として扱ってもらうことはできる。

 たまに出会ったS女性っぽいアバターと遊ぶこともできるし、M女性アバターを責めることもできる。
男性に・・・責めてもらうこともできるだろう。あまり上手な人に出会ったことがないけれど。


 でも、もうすることがなくなってしまった。
[BDSM空間でさまよう私。]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

ガイジンMistressに出会う
 Second Lifeの世界は、今のところ、集う人々や、眼にするものの感覚が、ちょうど10年前のインターネットと似たような段階にあるような気がする。

 圧倒的に外国の「BDSM」がメインで、日本のSMは縄での縛りであるとか、女性の写真であるとか、そのくらいしか興味をもってもらえないらしい。

 日本に無数にあるSM関係のblogの中でつづられている心情の機微とか、責める側、責められる側お互いの気持ちのやりとりなどというものはなかなか「世界」とふれあえるものではないから、ひたすら日本人が集う場所で日本人同士でしかわかり合えないものなのかもしれない。

 そんなふうに思っていたら、たまたまCapture Roleplayで裸にされて最後に捕まった相手が、外国のMistressだった。
[ガイジンMistressに出会う]の続きを読む
【目次】Second Life
 「今話題」のSecond Lifeを、アダルトな空間で遊ぶためだけにはじめた私。

 おすすめの場所や遊んだ記録を、つれづれに記録しています。
[【目次】Second Life]の続きを読む
Capture Roleplay HQ(CARP)
「Second Lifeで何をして遊ぶか?」

 まるで初期の「インターネット」のように、新聞記事を隅から隅まで読むと「Second Life」の文字が載ってないことがないくらいだけれど、実際、初めてみると、

 ・友達もいない
 ・どこにいけばいいのかもわからない
 ・何をすればいいのかわからない
 ・どうやったらアバターの形を納得いくように変えられるかわからない

 と、チュートリアルの島から出られずにやーめた!となるパターンはとっても多いと思う。

 私はアダルトオンリーな「SecondLife」のために始めたので、どうにか楽しめないところはないかなぁとあちこち探していたが、最近のお気に入りは「Capture Roleplay」。※セカンドライフガイドでの説明
[Capture Roleplay HQ(CARP)]の続きを読む
美しいカラダを手に入れて
 初めて、スキン・シェイプ、それから髪を、結構いい値段を出して買ってみた。

 いままで、フリーの素材を使ったり、自分でちょこちょこいじっていたけれど、どうにも納得いく顔にならないし、肌の色も今ひとつ。

 思い切ってお金を投入して、ちゃんとしたスキンを買ってみた。

 一気にきれいになった自分のアバターを見て、不思議と心がうきうきする感覚が、初めてわかった。
[美しいカラダを手に入れて]の続きを読む
copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.