FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
「女装M」×「男性S」【10】
 通路に示された自販機のマークの先を入ると、ドアのない3畳ほどのスペースに2台の自販機が並んでいる。

 人通りが決して少なくはない廊下から、数m横に入っただけで、一瞬だけ音声を切り取られたような静かな空間に、自販機から発せられる軽い振動音がかすかに響く。

 ぼんやりと壁を眺めながら強めの炭酸水を飲んでいた時、「彼女」は突然現れたのだった。

 たちまち、狭い空間は、「彼女」から柔らかく揺れる髪から発せられる芳香で満たされていく。狭い空間で鉢合わせした気まずさを隠すように軽く会釈をしながら、自販機の前から身体を返し、外に出ようとした瞬間、たまたま腰からカラビナで下げていた携帯電話が、「彼女」のバッグに丁度触れ、そのまま強く絡みながら引っ張られた。

 「あっ・・・!ご・・・ごめんなさいっ・・・」

 慌ててほとんど同時に声を上げる。
[「女装M」×「男性S」【10】 ]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

「女装M」×「男性S」【09】
 残る条件はあと2つだった。

 ・可能なかぎり全身の体毛を剃っておくこと

 ・腋の下、脚の指、首筋に、香水の薫りをまとっておくこと


 体毛の処理は、当日直前にしなければ意味がない。必然的に、次に用意しなければならないものは、香水だった。

 薫りをまとうために使うその液体は、女性が使うそれと、男性が使うそれとがはっきりと別れる道具の一つである。

 もちろん、ユニセックスを売り物にするブランドがあることは確かだけれど、女性だけが身につけるにふさわしい甘い薫り、そして、何時間か経過した後の持続香の奥に潜むその女性自身が持つ身体の薫りが、自分が持つ「男性」の性的欲求を昂ぶらせることを自覚していた。

 男性である私がどんなに望んでも自分の身体には得られない「ある種の薫り」。

 「彼」から「香水」を自分の身に使うことを提示された瞬間から、私は、女性しか使えない薫りを自分のものにする倒錯感に、心を高ぶらせていた。
[「女装M」×「男性S」【09】 ]の続きを読む
「女装M」×「男性S」【08】
「そう・・・、ですね・・・、来週くらいなら・・・」

 曖昧な含みを持たせながら、あきれられない程度には前向きに、返事を返す。答えながらまた悩み、そして、さらに返事を待つ。

 「わかりました。私も来週なら時間が作れると思います。この間探してもらったホテルの予約はできましたか?」

 はっきりと、そして確実に前進されていく。私は、縄に絡めとられるようにその後を追う。

 「はい・・・、何曜日にしますか・・・?」

 ひとつひとつ、私は「彼」の磁力の強さに惹かれていく。
[「女装M」×「男性S」【08】 ]の続きを読む
ささやかな誇り
 「処女」や「童貞」は純潔でけがれのない証だ、という考え方は、今の世の中で口にできるようなことではないだろう。

 自由に恋愛し、異性に心を開くことを許されて育った人々と、様々な理由でそれを許されなかった人達との考え方が違うことは仕方がない。人を好きになり、そして好かれれば、その時その時で身体を合わせたいと思うのは当然のことだと思う。

 将来出会うかもしれない伴侶のために、倫理規範として保つ「純潔」も、確かにそれなりに尊いことかもしれない。しかし、Mの嗜好を持つ者にとっての「純潔」は、そういう方法では保つことはできないことではないだろうか。
[ささやかな誇り]の続きを読む
【目次】「女装M」×「男性S」
 SとM、主従関係の間には、いろいろな形があり、いろいろな悩みがあると思う。多くの場合、SMの形はとっていても、それはやはり「男性と女性」の関係を前提としていて、相手(異性)であるから故、繋がっていられることもあると思う。

 性にとらわれずに主従関係、もしくはSMプレイは成り立つのか、Mとしての欲求のまま、男性と関係を持った時期の、記憶と記録。
[【目次】「女装M」×「男性S」]の続きを読む
「女装M」×「男性S」【07】
 「彼」の提示する拘束具は本格的な分、とても高価だった。それまで、まるでおもちゃのような(実際、「ジョーク玩具です」とパッケージに書かれていた)「道具」を時々アダルトショップで見た程度だった私にとって、「彼」の言う通りに道具を揃えることだけでも、十分大きな決心が必要な行為だった。

 (本当に会うか、それとも・・・)

 何度も、何度も、いろいろな種類の淫具を手にしてきたけれど、どれもが自分に対して自分が使うことができるモノだった。

 (もし準備して、やっぱり気が変わった、と言ってあきらめがつくのか・・・?)

 「どう、しますか?」

 確認を促す言葉が、ディスプレイに表示される。

 5秒、10秒、20秒・・・、キーボードに両手を置いたまま、私はまた、どちらを選ぶか、また迷った。

 (返事をしなければ、断ったものと「彼」は思うだろう・・・、もう、後戻りは・・・)
[「女装M」×「男性S」【07】 ]の続きを読む
「女装M」×「男性S」【06】
「今から言うモノを用意してください。それから、私のいう条件に同意すること、話しはそれからにしましょう」

 「はい・・・」

 一切余計な気休めも、ご機嫌取りの会話も、そして、必要以上に虚勢を張ることも信頼を強調することもない。それが、「彼」の放つ空気の色なのだ。
[「女装M」×「男性S」【06】 ]の続きを読む
「女装M」×「男性S」【05】
 「殻」を破る瞬間は、後から考えると不思議なくらい突然に訪れるものだ。

 「彼」に調教を依頼した翌日、半ば上の空で仕事を片付けると、食事をとりながら、「調教」の舞台になるビジネスホテルを探す。午前中から夕方までの時間にホテルに滞在することなど、それまで考えたことも無かったが、ビジネス街を中心に案外需要が有るらしく、いくつか比較的広めの部屋を見つけることができた。

 念のため、ホテルのことを確認するため、フロントに電話をかけた。
[「女装M」×「男性S」【05】 ]の続きを読む
「女装M」×「男性S」【04】
 「わかりました、それなら一度、ホテルで調教することにしましょう。どこか、心当たりは?」

 「監禁」を自室ではなくホテルで受けることを了承してもらえてほっとする間もなく、私はそれをどこで実現すればいいのか知らないことに気づいた。

 私は女装しているとは言っても、昼間に外を歩いて女性にみえるほど美しくはなく、どうしても「女装している人」にしか見えない。ホテルに男性の姿で入り、中で女装するためには、ラブホテルをその場所にすることはできず、かといってまともなホテルはチェックインの際の記帳しなければならない。

 (「彼」に自分が男性であるときの素顔を見せないためにはどうしたら・・・?)

 急速に、「男性に女装Mとして調教される」ことが現実味を帯び、それに伴って準備しなければならないことが目の前に突きつけられていた。
[「女装M」×「男性S」【04】 ]の続きを読む
「女装M」×「男性S」【03】
 翌日、そしてその翌日も、「彼」の部屋は待機中と会話中のステータスを交互に行き来し、私はそれを暫くの間眺めていた。

 (なかなか・・・、目当ての人は来ないみたいだな・・・)

 少なくとも、身勝手な性欲のはけ口にされるよりは、「彼」の望む世界をかいま見せてもらう方がずっと興味深い。「強制退出」させられる条件はわかっているのだから、その地雷を踏まないように歩きながら様子を伺うことはできるはずだった。

 最初の時よりどきどきしながら、入室ボタンを押した。
[「女装M」×「男性S」【03】 ]の続きを読む
「女装M」×「男性S」【02】
 「あなたの部屋で監禁・調教させてください」

 (何・・・、ホテル代がもったいないってこと・・・?)

 そのサイトで、自分がS男性であることを宣言している男性は、実はあまり多くなかった。もともと女装者を好む男性自体が少ない上、Sを強調すればMの気がない相手を逃すことになるからだろう。相手に入室してもらわなければ意味の無いメッセージなのだから、敢えて相手を限定するような言葉を入れないのも、無理は無かった。

 (監禁するから自分の部屋に来て欲しい、だったら絶対行くわけないけど・・・、どうして相手の部屋で、なんでだろう・・・?)

 考えれば考えるほど、興味が沸いた。
[「女装M」×「男性S」【02】]の続きを読む
「女装M」×「男性S」【01】
 女装Mとして、初めてS男性に調教をお願いするまで、何度も躊躇し、迷っていた。

 今ならば、「性的異端者」の範疇を決めるのは、当事者だけだと言い切れるけれど、そのころは、「SM」だけでも十分「異端」な上、女装したM男性を相手にしてくれる「S男性」が本当に存在するのか、信じられずにいた。

 ダイヤルQ2のSM回線で、SM好きな男性と話し、S女を演じたこともあるし、M女を演じたこともある。「男同士」でSMを語るのには今でも抵抗があるけれど、自分を女に置き換えることさえできれば、一人のMとして欲求を解放できるような気がしていた。
[「女装M」×「男性S」【01】]の続きを読む
I hope, you enjoy my pain.
 さやかさんのblogで紹介されていたpaingateの新作プロモーションビデオを視聴してみたら、一つ、とても心に「刺さる」ものがあった。

【JUSTINE - YOUR CHRISTMAS PRESENT】

 大きな蝋燭を両手で持ち、時に気高く、時に不安そうな表情で真っ赤なドレスをまとったブロンドの美人が、語りかけている。

「私は・・・今年のクリスマスプレゼントになりたい」
「私を選んだ彼は、恐ろしい痛みを、私の、全身に与えるでしょう」

「私はその痛みがとても・・・怖いのです・・・、鞭を身体に受けたことなど、ないから・・・」
[I hope, you enjoy my pain.]の続きを読む
福袋の時期に、思い出すこと
 男性名でカタログ通販を利用して女性の洋服を買うのに躊躇していた頃、私はとにかく手元にスカートやブラウス、ワンピースなどを揃える方法に困っていた。

 男性が一人で女性モノの洋服を「プレゼントするために」買いに行くなどということはまずありえないことで、通りがかったショップに自分が身につけてみたい洋服があったとしてもそれを手に入れる方法はほとんど無かった。

 ただ、年に一度だけ、比較的自然にそれらを手に入れる方法がある。それが、福袋である。
[福袋の時期に、思い出すこと]の続きを読む
【目次】Real Face
 長く、「御主人様と下僕」の関係を作ることができないまま、自分のM性(と、いえるかどうか怪しかった時期もあったけれど)をもてあまし、流浪を続けた。

 それまでのとてもとても長い道のりを経て、私は他の誰でもない、「私の御主人様」の足下に傅く下僕となる幸運を得た。そして、御主人様の足下で過ごす時間が一回、また一回、と重なる度、少しづつ、御主人様のしたいことと、自分のして欲しかったこととを実際にしていただく間で、次第に「下僕としての自分」を自分自身でも認められるようになっていった。

 それまで形式的で大嫌いだった足下での平伏の姿勢や、本物の鞭の痛みで撲たれてうめき声を上げる自分を受け入れることができるようになってから感じたことを、展開するシリーズ。

[【目次】Real Face]の続きを読む
「痕」を身体に残せますか?
 いろいろな責めを行う時、身体に無制限に痕を付けられるM男性と、いろいろな状況がそれを許さない男性と、「奴隷」と呼ぶにふさわしい男性は、どちらだろうか。

 「女王様の好きにしてください」

 といいながら、鞭はだめ、縄もだめ、ご奉仕なら・・・、と、腰が引けていくM男性が批判されているのをS女性のblogで見かける度、私には他人事と思えない。
[「痕」を身体に残せますか?]の続きを読む
copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.