FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
男性的羞恥心を責める
 「羞恥責め」というジャンルがSMにはあるらしい。

 M女性に縄を掛けて、コートを着せただけで歩かせる、とか、リモコンバイブを着けたまま、人だかりの中で離れたところからスイッチを入れて愉しんだりすることがそういう「責め」にあたるだろう。

 しかし、M「男性」には同じことをしても、多分、正しい意味での「羞恥責め」にはならないと思う。

 男と女の「羞恥心」には、きっと、大分違うところがある。

[男性的羞恥心を責める]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

運命を変えた「心」
 たまたま、昔、仕事上で自分を「査定」された結果を聞いてしまった。

 それは何年も前のことで、そのことが直ちに今の私の
「査定」には繋がらないだろうし、その時の査定者すら、そんな査定をしたことを忘れているのかもしれない。

 書かれていたのは、思っても見なかったような低い評価で、そもそも評価に値しない、と、自分の人間性すら否定されたようで、強いショックを隠せなかった。
[運命を変えた「心」]の続きを読む
ネット経由の「リアル」
 お互いに、もしくは片方が忙しくて逢瀬の時間が取れない時、夢の中で、日中の妄想で、そして、ネットを使ってでも、繋がりを求めたくなる時、私達Mの血は、そこにリアルの苦痛を求めるものなのかもしれない。

ある人にとってそれは、絶え間なく続く禁欲の苦しみなのかもしれないし、ある人にとってみれば、逢瀬を禁じられることそのものが苦痛を生み出すのかもしれない。

他の誰でもない手のひらの体温や、皮膚の温もりを思うのと同時に、その意思によって引き起こされた苦痛を、離れたところで自分に施すことで感じたいと思う気持ちがあると思う。
[ネット経由の「リアル」]の続きを読む
copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.