FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
ふたり 【11】

「う・・・ん・・・?」

 どれくらいの時間がたったのか、静かになった辺りの気配を探りながら、由梨は目を覚ました。

 もやがかかったような頭の中で、今自分がどうしているのかを必死に理解しようとする。

 肩甲骨の下と手首、足首と内股に鋭い痛みがある。緩慢な動きで、首を回し、ゆっくり辺りを見まわすと、男も美恵も姿を消していた。
[ふたり 【11】]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

ふたり 【10】
「ああああッ!!!・・・あああッ!!!ぅおねがぃぃっ・・・いやーーーああッ!」

 臀部に一瞬触った鞭先の結び目は、表面から痛覚を刺激し、反射的にはじけ飛んだように身体を反らせてもこらえきれない痛みを生じさせる。
 同時に、重たい紐の部分は、皮膚の深い部分に鞭を振り下ろした腕の遠心力をまともに伝え、身体の芯に響く。

 いずれにしても到底、じっとしていられるものではなかった。

[ふたり 【10】]の続きを読む
ふたり 【09】
 男の手で、もどかしいほど、ゆっくりと布地を引き上げられてゆく。

(お願い・・・恥ずかしい・・・!一想いに狂わせて・・・)

 届かぬ懇願を心の中で重ねる間、じっくりと臀部を剥き出され、由梨はついに下半身を全て人目に晒された。

 もちろんその姿を見る余裕はなく、ただただ淫らな綱引きを続ける姿を自分以外の男女に晒しながら。
[ふたり 【09】 ]の続きを読む
ふたり 【08】
 男性自身を、こんなにも淫らな責め方で嬲られたことはない。由梨の昂奮の証は、先端に光る雫の輝きで明らかだった。

「自分で綱引きしてみるんだ」

 男は由梨の口枷を取り去ると、大きめのクリップで舌を挟む。男がクリップから手を放した瞬間、鈍い痛みが口中に広がり、思わず顔をしかめた。

 クリップには、テグスが通る程度の穴が開いており、男は慣れた手つきで梁から伸びるテグスをそこに通したあと、ぎりぎりまで由梨の舌を出させたあと、固く結んだ。

「あぅうッ!・・・」

 舌を吊られる苦しさに、顔を上げて呻く。思わず上げた顔のせいで、自分の秘部から伸びるテグスが少し余裕を持ち、楽になる。

[ふたり 【08】]の続きを読む
one of them or only one 【03】
 「プロのM」という人を見たことがない、と言いつつ、SMクラブのM嬢は確かに「プロ」だ。残念ながら私はその「プロのワザ」を目にしたことも体験したこともないけれど。

 女性の身体というものは、柔らかくて、敏感で、手を掛ければ掛けるほど輝く生地のようなものだという感覚から私は逃れることができない。だから、かりそめにでも鞭で女性を撲つことなどできそうもない。

 男性であること自体が、性的にはS的な嗜好を内包しているのだから、M的嗜好を抱いた女性を満足させるためにまねごとならできるかもしれない。

 でも、それは決して、「プロの技術」でS嗜好を開花させたわけではないはずだ。
[one of them or only one 【03】]の続きを読む
ふたり 【07】
 由梨の前に置かれた高めのスツールに、美恵がすらりと伸びた白い脚を組んで座っている。

 男から受けた鞭による罰の痛みは、いつもは艶めかしく由梨の身体を撫でる両手を、無残なほどに真っ赤に腫れ上げさせていた。

 なのに、潤んだ目と紅潮した頬からは、自分が望む異性から充分な愛撫を施された後のような満たされた妖艶な美しさが漂っていた。

 横目で美恵の美しさに気を取られていると、男が割って入る。

「美恵、大事なところは、御前にやろう」

[ふたり 【07】]の続きを読む
one of them or only one 【02】
 「one of them」の「one」を選ぶのは、大抵の場合、男性、女性にかかわらず、Sの側でないと収まりが悪い。

 主従の「従」の側が「them」に安住している分にはさして問題にならない精神的な結びつきが、焦点を逆にすると成り立たなくなる。本来、その不可逆性が、「主」であれ「従」であれ、自分の存在を強固に規定するのだろう。

 自分の位置に迷いがなくなることはすなわち、欲求と欲望と渇望の中で彷徨った苦しみから救われることなのだから、あえてそれを逆転するような行為を望むのは単になにかの不満の表れでしかない。

 いつまでも決まった「主」を持たず、かりそめの「主」にかくれては新たな「主」に巡り会うまで関係をねだっていくMは「エゴマゾ」と言われて蔑まれるものだ。

 ・・・、でも本当にそのカタチしか、ないのだろうか。
[one of them or only one 【02】]の続きを読む
ふたり 【06】

「わからないなら、教えてやろう・・・、いつもこうだと思うなよ」

(あっ、なにを、っ・・・?)

 男は急にしゃがみこむと、由梨の足先に口づけをした。それは、由梨がいつも美恵にささげる「奴隷の印」そのものであった。温かくやわらかな男の舌が、自分の足指の間を往復していく。隠しようのない恥ずかしい匂いがそこから発せられているはずである。思わず由梨は身体を縮こませた。

[ふたり 【06】]の続きを読む
ふたり 【05】

「そこの机に、両手をそろえておいてごらん、美恵」

「ご、ごめんなさい・・・許して・・・、許してくださいッ」

「俺が妥協をする男じゃないってことは、御前が一番わかってるだろう?従うのか、逆らうのか、どちらかしか選べないんだ。それとも俺を従えることができるか?」

「・・・、い、いいえ・・・。」

おずおずと机に白い手を差し出す美恵。白く細長い指が、心なしか手が震えているように見える。

「よし、きちんと揃えるんだ。動かす自由は与えないからね。」

[ふたり 【05】]の続きを読む
ふたり 【04】
ゴトッ・・・。

ドアの外に重い音が響いたが、快感のレールを走り出していた由梨はまだそれに気がつかない。

 ゴトッ、ゴトッ・・・

 足音がまた近づいてくる、やっと由梨が足音に気付いた瞬間、ドアはあけられていた。

(だ・・・!誰ッ!誰なの??)

 よく日に焼けた体格のいい男がドアを開ける。

 美恵は男性に近づき、目を瞑った。後ろ向きの由梨にはまだ見えない。

唇を合わせた軽い音が、かすかに由梨の耳に届く。

(えっ?キス・・・?どうして・・・。私をかわいがってくれるはずなのに・・・)
[ふたり 【04】]の続きを読む
one of them or only one 【01】
 多くの女性の中から、一人の女性に好意を持ち、一人の女性から好かれることを望む。

 一人の女性を愛し、自分を一番愛してほしいと願う。

 「普通の愛」は、one of themをonly oneに変えるためのエッセンスだ。

 そこに、二人以上を好き、とか、二人とも愛している、ということを許さないのが「普通の感覚」だろう。たとえ、「女性」の部分が「男性」に変わったとしても。

 しかし、時に、相手が自分よりも圧倒的に差のある相手立ったとき、自分にとって相手が【only one】と思いながら、相手から見た自分は【one of them】であることを許容できることがあると思う。
[one of them or only one 【01】]の続きを読む
「女装M」×「男性S」【18】
 ほとんど日の光が届かない窓のない廊下の突き当たり、暗がりの中、鉄扉のノブに手をかけ、大きく開いてみると、部屋には大きな窓から夏の朝の日射しがしっかりと入っている。

 日光がガラスから部屋に持ち込む輻射熱は、古びたエアコンの冷気を熱で染め上げるほどの強さで、緊張の中、外を歩いてきた私はすぐに全身から汗が滲みはじめた。

 (まさに・・・角部屋、だな・・・)

 カーテンで日射しを遮り、エアコンを強め、様々な道具を詰め込んだ鞄をソファーにおいて、辺りを見回す。
ダブルのベッドに、小さめのソファーとテーブル、L字形の部屋はワンルームマンションくらいの広さの床が確保されている。

 (このくらい・・・、あれば・・・)

 大きめのクローゼットに、ゆったりしたバスルーム、全く簡素で古めの家具ではあったけれど、「居心地」は悪くなかった。

 ベッドサイドの時計を見ると、指定した時間まで、もう1時間を切っていた。




[「女装M」×「男性S」【18】]の続きを読む
身体に傷を付ける自由

 梅雨空と強烈な湿気に包まれた梅雨の時期の先に、真夏の日射しが照りつける季節まで、もう少しだ。

 「一夏の体験」などとよくいうけれど、私も、なぜかなにか「一つ先」の体験をしたのは不思議と夏の間が多い。

 初めてS女性の前で跪いて土下座をしたのも、SMクラブに入ってみたことも、女装して男性に会い、Mとして扱われたことも、映画館に足を踏みいれたのも、不思議と、全部、夏だった。

 それだけ、夏の日射しと熱気には魔力があるのだろう。

[身体に傷を付ける自由]の続きを読む
ふたりぼっちの世界
 後ろめたさのない「ふたりだけの世界」が恋人同士のものならば、御主人様と私の世界は、「ふたりぼっちの世界」なのかもしれない。

 SMも一つの趣味(と言い切るのはとても抵抗があるけれど)なのだから、趣味を通じて同好の士の輪が拡がっていったり、その輪の中の誰かと誰かが時に繋がり、そして、呼応しあったりすることもあるのかもしれない。

 御主人様と私の世界。御主人様の足下に傅く私の視界には、いつも御主人様しかいない。

 固く折り重なった自分の殻を一つ一つ破り、無防備な表情と剥き出しの性衝動を露わにして喘ぐ私の顔は、長い長い時間を掛けて、やっと御主人様だけに見せることを解放したに過ぎない。

 切磋琢磨してSM道を極めるつもりもなければ、SMを大人の愉しみとして割りきった付き合い方をすることもできない私ができることはただ、一つだけだ。

 御主人様の前で自分の欲求を解放する。

それしか、できない。

[ふたりぼっちの世界]の続きを読む
copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.