FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
one of them or only one 【01】
 多くの女性の中から、一人の女性に好意を持ち、一人の女性から好かれることを望む。

 一人の女性を愛し、自分を一番愛してほしいと願う。

 「普通の愛」は、one of themをonly oneに変えるためのエッセンスだ。

 そこに、二人以上を好き、とか、二人とも愛している、ということを許さないのが「普通の感覚」だろう。たとえ、「女性」の部分が「男性」に変わったとしても。

 しかし、時に、相手が自分よりも圧倒的に差のある相手立ったとき、自分にとって相手が【only one】と思いながら、相手から見た自分は【one of them】であることを許容できることがあると思う。
 10代の頃、一度は、スクリーンや、テレビやグラビアの中に、「憧れのひと」を見つけたことが誰にでもあるだろう。友人の中には、たまたま同じひとに憧れている人がいるはずだ。

 その時、「憧れのひとは自分だけのもの」と疑いなく信じる人がいたら、それは当然勘違いだし、どんなに焦がれても、その対象の女性が愛する人が自分以外の男性であることを知る苦しさが、自分の【only one】の女性を愛するために必要なことなのだと思う。

 少年・青年マンガ雑誌によくある、何にも努力せず、何にも自分から動きだしもしないのに、胸が大きくて可愛らしい彼女と、性格はきつめだけど実は寂しがりやの女性が同時に自分を好きになって・・・、みたいなことがあるはずはない。

 好きだけど思いのままにならない。

 その苦しさは、なにかで代償できることでもないし、ただただ、胸の奥で澱のように一つづつ溜まっていくものだと思う。

 Mの性癖を持っている者ならば、自分の主が【only one】なのは当然のことだ。複数の女王様に同時に奴隷にしてもらい、うまく立ち回れる男性も、中にはいるのかもしれないけれど、それはすごく希なケースだろう。

 自分の性的衝動の充足のためにSMという舞台装置が必要なだけなら、それでもいいのかもしれない。でも、きっとそういう人はいくら何人の人の前に傅いて、何人に鞭打たれても、そして、何人の女性を抱いても、やっぱり衝動は充足できないのではないかと思う。

 欲しいものを与えてもらえばいいならば、相手は自分の【only one】でなくてもいいのだから。

 与えてもらうものの中から一番満足できるものを探すのではなく、どうしても欲しいものが御主人様の中にあるから、【only one】の御主人様の前に傅いて啼くことを選ぶ。

 それは、一度限りの契約で保証されることではなく、毎回、毎回、一度限りの決意を何回も繰り返して初めて、真実になる。

 だから、私は「奴隷契約書」で最初に規定したことを乗り越える瞬間の昂ぶりよりも、毎回、毎回、以前は想定していなかったような気持の昂ぶりや苦しみや痛みを提示されながら、一つ、一つ、また傅いてそれを受けとめて啼くことを選ぶ。

 それしか私は満足できないし、安心して【only one】と言い続けられる存在を得たことが、揺るぎない自信を与えてくれているのだと思う。

スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.