FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
ふたり 【05】

「そこの机に、両手をそろえておいてごらん、美恵」

「ご、ごめんなさい・・・許して・・・、許してくださいッ」

「俺が妥協をする男じゃないってことは、御前が一番わかってるだろう?従うのか、逆らうのか、どちらかしか選べないんだ。それとも俺を従えることができるか?」

「・・・、い、いいえ・・・。」

おずおずと机に白い手を差し出す美恵。白く細長い指が、心なしか手が震えているように見える。

「よし、きちんと揃えるんだ。動かす自由は与えないからね。」


ビッ!と空気を切り裂く音が聞こえたかと思うと、同じ瞬間、美恵の高い悲鳴が耳に届いた。

「ヒイッ!あッ・・・!、あっーーッううッ!」

耳を裂くような悲鳴が、部屋の中に響く。縛られていなければ、耳を塞ぎたくなるような動物的な声。いつも理知的な美恵の姿からは、一度も想像したことのない声だ。

男は続けざまに3度、同じように空気を裂き、一瞬遅れて美恵の声が別の角度から空気を裂いて揺らした。

「キャッ、ああっ!、ぅあっ・・・!」

「動かすなといってるんだ。いつまでも終わらないよ」

 空気を切り裂く音の応酬が、何度も何度も続く。

 執拗な打擲を、美恵に対して男が加えていることがわかる。美恵は、ついに嗚咽を漏らし始めた。

「まだだ。甘えるんじゃない」

「ううッ・・・、う・・・は・・・い・・・」

それでも、まだ、打たれる。

「ああうッ!・・・、くうッ!、ご、ごめんなさいっ・・・許して、許してくださいっ」

涙声で聞き取れないような返事を、喉から搾り出す。

男が、美恵にとっての「主人」であることが、いやでも知らされた。

残忍な男である。そして、私に何をしようというのか・・・。由梨は混乱した。

数十回の悲鳴と打撃音の後、男は静かに口を開いた。

「さぁお嬢ちゃん、そろそろ出番だよ。寂しかったかな?」

「君のご主人様は、まだまだ半人前だからね。一人前になるには、いい奴隷を育てることが一番の薬だから、君の出来具合を見て、美恵への評価を決めようかと思う。出来次第では・・・さっきみたいなことになるから。覚悟したほうがいいよ。」

(覚悟・・・)

そう言われても、混乱している由梨にはまるで届かない。さっきまでの興奮は既に冷め、硬く縛られてほてった体は、冷や汗で固められたように縮こまっていた。

「そんなに怖がるな。厳しいだけがSじゃない」

美恵とは比べ物にならない硬い手のひらが、由梨の熱い部分に触れる。生理的な悪寒が走るが、威圧感に圧されて拒むことはできない。

「身動きができない中で、見知らぬ男に触られるのは怖いだろう?怖い、という気持に素直になってごらん。たとえようもなく不安になるまで、自分を解放するんだ」

(怖い・・・っ、怖い・・・怖い!)

由梨は心から男を恐れた。容赦のない美恵への鞭打ちの音、硬い手のひら、そして何よりも反論を許さない張りのある声。由梨は自分の身体が震えはじめていることを感じた。

「御前は俺の力でどうにでもされてしまう立場なんだ。反論できないってことは怖いだろう?俺は、御前をいくらでも握りつぶすことができる。だが、そうしない。なぜか考えてみろ」

(何を考えているの・・・わからない・・・)

由梨には男の言葉はまだ理解できない。ただ恐怖だけが身体をしびれさせていた。無言の緊張感が辺りを支配し、美恵の嗚咽だけが、ただ響いていた。

スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.