FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
執事のヨロコビ
 大抵の男性の心の中には、ファンタジーがあるものだ。

 それは、香りだったり、SMだったり、美しい女性の足下で跪くことであったり、とにかく鞭で撲たれることだったり、年上の女性だったり、年下の女性だったり、本当に様々としかいいようがないだろう。

 他人のファンタジーを男性同士で共有したがるタイプの男性もいれば、私のように決して同性には明かさずに、ただただ「異性」に向かってだけ展開できるタイプもいると思う。

 そして、そのファンタジーを「絶対的なもの」として決して譲らない人と、ファンタジーがやがて特定の相手に具現化していくタイプとに分かれるような気がする。

 ファンタジーを絶対的なモノとして譲らない人は、抱いたファンタジーを具現化する存在自体よりも、ファンタジー自体をどれだけ高い次元で完成させるかに興味があるのだろう。

 例えば、どうしても身につけて欲しいコスチュームを持って、それを写真にとっては違う女性に着せてみたいと思ったりする方向に進むのではないだろうか。

 「どこかに、このブーツのラインに完全にぴったり合う最高の女性がいるはずだ」

 と、どこまでもそれを追い求めていける人はこのタイプだと思う。


 反対に、ファンタジーが特定の相手に具現化していくタイプもいると思う。

 具現化するのに必要なのは、「自分と同じ何かを共有している人」という信頼感だけで、いつもファンタジーの世界にいないと耐えられないわけではない。

 ファッション誌のモデルがたまらなく好きだからといって、いつも「モデル」をしているところだけを見ているわけではなく、疲れて寝坊して髪が整っていない時や、商売道具の身体に赤い腫れができてがっかりして気が乗らないところも見ていたい人もいると思う。

 私は、長い間自分のファンタジーを暖めては来たけれど、どう考えても後者のタイプだから、そのこだわりのなさが納得できない相手と主従の関係を続けていくのは無理だったと思う。

 そういう人も、確かにいた。

 どこまでも、どんな時も主として崇め、奴隷として無私になり、どんな時も自分を捧げることを望まれる度、私は「奴隷失格」になって、またSMファンタジーの世界を漂うことになった。

 「女王様」となり、いつでもその世界でだけ交わりたいと思うSも、それを望むMもいると思う。そういうタイプの人々にとってみたら、私のようなタイプは、隠しておきたい顔まで見せないといけない嫌なタイプなのだと思う。


 私は、誘えばいつでも望むSMファンタジーの世界を与えてくれるから「執事」になったわけではなく、気まぐれで、駄々をこねて、時々は思いがすれ違ってしまったりする「姫」の、風のような自由さが好きなのだ。

 それが執事のヨロコビで、だから、他の人にはわからなくていい。

 「姫」ファンタジーさえあれば相手が誰でもいいわけではない。

 この人しかいない、と思うから始まるリアルで、ファンタジーな世界があると思う。やっと、今になって、それがわかったような気がする。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.