FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
「自慰形態」にまつわる考察
初めて自慰をしたのは、いつ、どこでだったかを、真剣に調査してみると、どういう結果になるのだろうか。

「マスをかく」「シコる」という語感には、多分にいわゆる「右手で軽くつかんで前後にこする」という意味が込められている。
擦過刺激が、自慰の初体験になるケースは、非常に多いはずだ。
公園の、藤棚の支柱によじ登ろうとして、「その瞬間」を知った。

小学校の体操着の短パン、直径20cmほどの冷たい鉄柱には、灰色のさび止め塗料が塗られていた。そして、同じ公園の真ん中に高くそびえ立った「登り棒」には、原色のオイルペイントが施されていた。
鈍い銀色に塗られた藤棚の支柱が「初体験の相手」なのが、私らしいといえば私らしいように思う。

そのときは、まだ、射精するに至る身体ではなかった。
切ないような、身体が収縮するような、その感覚を知ってから、一目を避けながら、私は何回支柱と抱きあっただろうか。

しかし、ある日、精通の日を迎えたことでこの「関係」は終わることになる。

そして、それからが、「相手探し」が本格化する分かれ道となった。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.