FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
低周波治療器を電気責めの道具に改造する
 最近はまりまくっている「奴隷夫人」にもよく出てくる電気を身体に流す責め。もともと、結城彩雨作品の中でも何回か登場する。
 年老いた元将校たちが、捕らえた人妻を足首を縛って逆さ吊りにし、クリトリスと乳首に刺した長い針に電極クリップをハサミ、絶叫させる激しい責めの描写に、身体が震えるほど昂奮したことを覚えている。

 しかしながら、実際に自分で試してみようにも、なかなか手がでない。

 ネットを見ていると「電流を流すことで苦痛(もしくは快感)を得るための装置」は何個か紹介されていて、日本のものではやはり「エレクトロ・エイリアン」が一番有名だろう。ネットで売られているのを見て以来、何度もこれを手に入れて、と考えてきたが、着払い郵便でしか買えないため、購入する勇気がでないまま今に至っている。

 最近、ふと、低周波治療器を改造しているM男性のblogを見かけた。

電極パッドにつながっているコードに細工をして、乳首を責める道具に作り替えている画像を見ると、ガゼン、自分でもやってみたくなった。
 エレクトロ・エイリアンのページにも、市販の低周波治療器につないで使うクリップのようなコードを販売している。その中に「単極・双極」の記載があった。

 (単極、って・・・?)

 電気に詳しくない私のような人は多いのか、ページの中に説明がされていた。

 要するに、治療器自体から配線を一本でつなぎ、その途中に人体があるカタチをとるのが「単極」ということらしい、と理解した。(合っているかはわからないが・・・)
 手元に持っている低周波治療器のコネクターを外してみると、確かにコネクターにはラインが一本しかない。単極、ということなのだろう。そこで外したコネクター、よく見てみると、なんだか見覚えが合った。

 (この端子、って、ヘッドフォンと同じ?)

 思い立ったら試さないわけにはいかない。
手元にあった壊れてもいいようなヘッドフォンをつないで治療器のスイッチをオンにしてみると、ヘッドフォンからパルス音が流れた。

 (なるほど・・・そういうことか・・・!)

 これなら私にも改造できるかもしれない。
はやる気持をかかえながら仕事を終え、会社帰りに電気工作の部品を売っている店に出かけた。
まずは、海外の電気責めの動画によく出てくる赤と黒のクリップを探す。
こんな気持でモノを探すのは、麻縄を初めてホームセンターで探した時や、SMショップで新しい商品を探しているとき以来、何年ぶりだった。

 「ミノムシクリップ」と呼ばれる電極用のクリップがみつかり、何セットか、購入して帰った。
それからコードが長めのイヤホンを二つ、電極につなぐためにコードの被覆を剥き、クリップにつないでから低周波治療器につなぐ。

 ミノムシクリップは細い配線が掴みやすいよう、挟む力も強く、クリップもぎざぎざしており、とても人体に直接つなげるような形状ではないので、手元にある事務用クリップを乳首に挟み、クリップをつないで治療器の電源をオンにする。

 (くっ・・・!)

 両方の乳首に、身体の奥をはじくような痛みが走る。

 ・・・成功したらしい。

使っているうちに快感になる種類とも思えないような苦痛が、意志とは関係なく発生する器具。Mなら、一度は欲しくなる器具である。ありふれた低周波治療器を「道具」に変え、姫に献上する日を思ってしまうのは性としかいいようがない。

 姫は、どんな反応をみせるだろうか。

 ※ 人体に電流を流すのは大変危険です。真似して重大な事故を起こしても当方は責任を負えません。フィクションとして、お読みください。

 
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
低周波治療器のパルス拷問
私は乳ピに電極をつないでパルス地獄に浸っています(笑)
単極、両極など、勉強されているので、安心です。
女王様の手にコントローラーを握られるのは、なかなかの恐怖です。一度体験すると、抜け出せなくなりますよ(笑)
2008/10/24 (金) 12:25:15 | URL | 優♂ #SFo5/nok[ 編集]
拷問好き
コメントありがとうございます。
苦痛を左右する道具をSの方に握られる感覚って、ほかではたとえようがありませんよね。
一番大好きな姫にコントローラーを握って貰ったときはとっても嬉しくて怖かったです。

ほどほどにしないといけないと思いながら、盛り上がっていくにはいい器具ですよね^^

2008/10/25 (土) 02:56:29 | URL | cockshut #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.