FC2ブログ
Visions of Masochist
自分を律し、行き先を指し示す【Vision】。 しかし、行き先の分からない「背徳の幻想」が、私の中には存在する。
【目次】Real Face
 長く、「御主人様と下僕」の関係を作ることができないまま、自分のM性(と、いえるかどうか怪しかった時期もあったけれど)をもてあまし、流浪を続けた。

 それまでのとてもとても長い道のりを経て、私は他の誰でもない、「私の御主人様」の足下に傅く下僕となる幸運を得た。そして、御主人様の足下で過ごす時間が一回、また一回、と重なる度、少しづつ、御主人様のしたいことと、自分のして欲しかったこととを実際にしていただく間で、次第に「下僕としての自分」を自分自身でも認められるようになっていった。

 それまで形式的で大嫌いだった足下での平伏の姿勢や、本物の鞭の痛みで撲たれてうめき声を上げる自分を受け入れることができるようになってから感じたことを、展開するシリーズ。


スポンサーサイト
[PR]

copyright © 2005 Visions of Masochist all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.